肚で聴く

おへその下あたりから左側鼠径部の周辺まで。そこが赦しの際に恐れ、痛み、恥辱、その他うまく言葉にならない不愉快なフィーリングをわたしが感じる場所だ。下腹部はわたしにとって罪の感覚が鎮座する場所。赦しをする際に恐れや痛み、不愉快さを感じる場所、その身体内部感覚の態様は、ひとによって違うと思う。他人のことは想像することしかできないけれど、マイティさんの話を聞いていても自分とは随分違う。

つい先日の新月に、何年か越しの大きな赦しが終わった感触があって、それで詰まっていたパイプがぼこっと抜けて通りがよくなった。罪のあったはずの下腹部からエネルギーが出て行って、それが他人の無罪性とつながると、なぜか今度はわたしの頭頂部からエネルギーが流れ込んできて循環する感じ。その循環のなかで、胸のあたりがほんわりとうれしくなる。いままでになかった身体感覚だ。「エネルギー」というのも説明しづらいが、なにかフィーリングの奔流のようなもの身体を流れていくのが感じられるのだ。

わたしにとって赦しとは、潜在意識からとめどなく湧き上がってくる恐れ、痛み、恥辱、不快さをひたすら受けとめ、それが聖霊によって浄化されるのを祈る作業だった。積極的に「しあわせです!うれしいです!」みたいな感覚はほぼない。ただ無自覚のうちに抱えていた重くて黒い荷物が少し下ろされる度に、どこがどうとはいえないけれど軽くなっていく、その繰り返し。何かが抜けていき、軽くなって、少しほっとする。それがわたしが赦し続ける動機であり、報酬だった。だからいま、下腹部から抜け出て他人の無罪性を通じて再び頭頂部から入ってくるエネルギーの循環、その循環のなかで胸のあたりがほんわりうれしいという感覚は、いままでになかったもので、新鮮なのだ。ただほっとするだけでなく、積極的にうれしい、それがわたしには新しい。

自我の判断とは、罪と罪悪によるもの、有罪性の判断。わたしの身体内感覚でいうと、下腹部の罪・恐れを抑圧し、乗り越えるために、思考が世界を把握しようとしたり、組織や権威に忠誠・隷属を誓ったりしようとする。エネルギーの流れでいうと、下腹部から頭部へ、という流れだった。それが今回の新しい感覚では、下腹部から出て行って頭頂部に流れ込んでくるので、エネルギーの流れとしては逆になっている。

マニュアルには判断の放棄について書かれた節がある。ここに無罪性の判断についての記述があるが、この無罪性の判断と、今回のエネルギーの流れの変化とがどうも関係しているのかもしれない。実は結構前に、マイティさんから、わたし(蘭丸)の場合、聖霊の声は頭じゃなくて、肚で聴くんだと思うよ、と言われたことがある。その時は全く意味不明だったが。今後この新しいエネルギーの流れ、循環が、より確かなものとして定着していくのだと思う。そのときわたしは有罪性の判断から、無罪性の判断で生きるようになるんだろうか。いまはまだどう転がっていくのか何もわからないが。