体験から学ぶ

先に挙げたカルト脱会者の手記で、女性の方が書かれた人生回顧もまた興味深かった。厳しい母親のいる家から早く出たくて、25歳で結婚。結婚した途端、熱烈にアプローチしてくれた夫は仕事にかまけきりになり、家のことには全くの無関心。子供も生まれ、結婚を機に知らない土地に越してきて知り合いはおらず孤立、閉塞。そんな折にポストに入っていたチラシ。宗教団体を匂わせなかったチラシだが、興味を持って門戸をたたく。まもなく入信し、それから以後23年間、家庭と宗教の二足のわらじで多忙な日々。辛いできごとが重なるも、宗教が自分の救いになっていないことに疑問、違和感を感じ、それが限界に達した頃、ある出来事をきっかけに脱会を決意。

非常に素朴な言葉で綴られたこの短い人生回顧の手記は、根が宗教的な人へのわたしの偏見、軽蔑をかなり打ち消してくれた。素朴で生真面目な人が、一生懸命生きようとした時、そばにあった宗教団体。そこはすべてがすべて悪いものでもなく、孤立しがちな子育ての時期にも相談に乗ってくれる先輩ママがいたり、生きていく上で役にたった、よかったと思える教えや経験も得た場所だったという著者の回顧。その一生懸命な姿はどこか好感がもてるもので、組織の卑怯なマインドコントロールにつけこまれてしまった皮肉はあったとはいえ、それすらも自分の弱さ、恐れから、自分で決める責任を引き受けずに、盲目に言われるがまま従っていればほめてくれる、そういう居場所を必要としていた未熟な自分がいたからだという述懐。この手記全体からは、自分のたどってきた道、自分の歩んだ姿をまっすぐ受けとめる、正直で潔い、さわやかな印象が伝わってきた。

手記を書かれたお二方は、若い頃にカルト宗教にのめりこんで人生の長い時間を過ごされたけれど、たまたま居場所がカルトだったとはいえ、その生きる姿は力強く、尊いものに思えた。宗教にはまっていた人のことを、こんな敬意を含んだまなざしで見たことは、あまり記憶にない。いつも冷笑的に見ていたからだ。

更に手記のお二方が興味深いのは、カルトを脱会した後、真に宗教的と言っていいような境地に足を踏み入れていらっしゃることだった。皮肉といえば皮肉なことである。救いを求めて熱心にはげんでいた団体所属時にはそんな境地になれなかったのに、そこから脱退して自分の人生を省みつつ、ある日ふと、真に宗教的と言えるような合点にたどりつくのだから。しかしそれは必要なプロセスだったのであり、「学び」というものの実際のあり方なのだろうと思う。わたしたちは、人生の長い時間をかけて、体験を通して、時に非常に痛い目に遭ったり、苦しみが限界に達したような時に、全く新しい次元の扉を開くことがある。その扉は、それまでの、未熟だったかもしれないけれど、真摯に、懸命に生きた日々があったからこそ開いた扉なのだと思う。実際に生きて体験して、どうしても越えられないかに思える壁にぶつかってみたりもしなければ、自分の「自我のかたち」だって、わかりっこないのだから。

蒼い本の学びも、やはり赦しを通した実践の中で、つまり、自分の人生を投じた体験のなかで、試行錯誤しつつそこに書かれた真の意味が徐々に明かされていく、それが連続して積み重なって理解が深まっていく、そんな書物だと思う。たしかにJACIMさんのご尽力、解説、またその他の教師の方々の活動によって、よりわかりやすく、誤解のないような学びの環境は整備されてはいる。しかし、パッケージ化された教本・マニュアルの言葉を次から次へと飲み込んでいくだけでは、どうにも学べないこともあると思う。言葉には言葉の役割範囲と、その限界のようなものがどうしてもついてまわるからだ。

わたしはこれまで蒼い本にそれなりの時間をかけてきて、今後も引き続き学んでいくつもりでいる。これからどんな体験が待ち受けているのか、どんな学びをしていくのか見当もつかない。学びというものの壮大な性質、ひとつの人生、あるいはもしかしたら数えきれない転生をめぐるなかでやっともたらされる学び・気づきとなると、もはやあれこれジタバタしても仕方がない。ひとはそのときどきでよかれと思うことに身を投じるしかないのだから。

広告